ダイエットサポートフードは、ダイエット食とどう違うか?

この違いは、置き換えダイエットをする上で、とても重要。

ダイエット食は、1日に必要な栄養素を補えるよう、

栄養面でバランスをとっています。

そのため、数ヶ月置き換えダイエットをしても、ほとんど健康に問題ありません。

しかし、ダイエットサポートフードは、基本的に、カロリーが低いだけです。

 

カロリーが低いだけだと、何が問題か?

ダイエット食は、

1日に必要な栄養をとっていればカロリーが低くても健康に問題ない

という栄養学の理論にしたがって作られています。

そのため、ダイエットサポートフードだけを食べ続け、

ただカロリーを減らすだけでは、様々な問題が起きてきます。

 

ダイエットサポートフードだけ食べたときの危険は?

栄養が偏ると、ダイエットをする上で危険が伴います。

手足の振るえ、イライラなど精神的な不安定、低体温、便秘など、

様々な症状が出てくることがあります。

スーパーなどで売られているカロリーコントロール食を食べ続けても起きる危険があります。

また市販の安いダイエット食でも、きちんと栄養バランスが取れていない場合は、

同じような状態になることが場合があります。

 

その他、こんな問題も!

サポート食だけ食べると、他にも、筋肉が分解されてしまう、

という問題があります。

ダイエット食には、たくさんのたんぱく質が含まれいます。

そのため、筋肉が分解にくく、逆に運動すると筋肉がつきやすくなっています。

サポート食だけでダイエットすると、体重は確かに落ちます。

しかし筋肉が減るため太りやすく、リバウンドしやすい体質になります。

 

グローバルダイエットのスリムトップはこちら

↓↓次の公式リンクから、商品の詳細を見ることができます。↓↓

ダイエット

ダイエットしたい方は、お早めに。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。